投稿者「mapka」のアーカイブ

最新バージョンの機能について

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

基本設定

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

計画作成

売上計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

人件費計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

投資等計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

借入計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

経費計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

在庫仕入計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

回収計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

支払計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

手形割引等計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

決算計画

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

仕訳調整

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

準備処理

開始残高設定

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

売上分類設定

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

前提条件設定

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

現状計画・自動作成

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

計画作成

売上プラン

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

人件費プラン

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

経費プラン

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

設備プラン

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

借入プラン

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

貸借・その他調整

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

Load More

仕訳調整

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

売上分類設定

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

その他

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

予実管理

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

計画印刷・結果確認

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More

仕訳調整

A. 投資等計画内で減価償却費の計算をしないように設定し、経費プランの減価償却費科目に金額を入力します。
※この方法で入力すると間接法で帳票上に表示されます。

操作方法

①「経営サイクル」>「準備処理」>「前提条件設定」>「標準値作成②」を開きます。

②「[販]減価償却費率」「[製]減価償却費率」を任意設定にチェックを入れ、「0」と入力して保存します。

③ 「経営サイクル」> 「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

④「F12標準値」をクリックし前提条件設定で任意設定した減価償却費率の標準値を流します。
 ※投資等計画内では減価償却費を計算しないようになります。

⑤「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「経費計画」を開きます。

⑥減価償却費を表示し、基本経費金額の列に計上したい減価償却費の金額を入力して保存します。
 ※「年間金額」のチェックを外すと毎月の金額を入力できるようになります。

A. 中期ビジョンの場合は「設備プラン」、経営サイクルの場合は「投資等計画」でリース資産の登録した後に、「仕訳調整」でリース債務の仕訳を切る必要があります。

操作方法

①中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「設備プラン」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「スタンダード」>「投資等計画」を開きます。

②リース資産の新規購入明細を登録します。

③ 中期ビジョンの場合「中期ビジョン」>「計画作成」>「投資等戦略」>「仕訳調整」を開きます。

 経営サイクルの場合「経営サイクル」>「計画作成」>「クローズアップ」>「仕訳調整」を開きます。

④「標準」をクリックし、「規定標準仕訳」を使用して「リース債務計上(リース開始時)」「リース債務支払(元本)」「リース債務計上(利息)」の3つの仕訳を切ります。

※注意※
仕訳調整の入力は消費税経理方式に関わらず、必ず「税込」金額でご入力ください。

Load More