よく見られている質問

計画期間の変更を行いたい場合は、下記の操作を行います。

① 「設定」>「基本設定」をクリックしてください。

② 計画立案時に必要な設定をこの画面で変更します。

「内、月次計画期間」にある「変更」ボタンをクリックします。

③ 条件を変更し「実行」ボタンをクリックして変更します。

「変更後開始期」:計画開始年度を変更する場合に変更します。

「から〇期間」:中期計画の立案期間を変更します。(1年~20年)

「内、月次計画期期間」:単年度計画の立案期間を変更します。(1年~3年)

「評価機関」:決算評価の評価期間

「計画データの移行処理を実行」:計画内容を1年スライドします。

(例:計画2年目の入力内容を計画1年目にスライドする)

Category: 各種設定

1年前、単年度計画を作成しており、その予算で登録した情報を年度更新しつつ、次年度の単年度計画を立案する方法をご案内します。

① 「予算シナリオ設定」ボタンをクリックします。

② 基準になる「昨年の単年度計画」の左側のチェックボックスにチェックをつけます。

③ 「複写」のアイコンをクリックします。

次年度の単年度計画予算が完成いたしました。

④ 設定>「基本設定」をクリックします。

⑤ 複写した「次年度の単年度計画」の予算を選択します。

⑥ 「変更」をクリックします。

⑦ 変更後開始期を変更前開始期の次の期(次年度の単年度計画の開始期)に変更します。

⑧ 「計画データの移行処理を実行」にチェックをつけます。

⑨ 「実行」をクリックします。

基準となる「昨年の単年度計画」予算に登録した売上分類設定を登録し直さずに、使用することができます。また、借入明細・設備明細も次年度に更新した状態で登録されるので、そのまま利用することが可能です。

Category: 各種設定

減価償却費の 償却方法(定額法・定率法)を変更したい場合は下記の操作を行います。

① 各モード を選択し 「設定」>「減価償却設定」 をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, テーブル

自動的に生成された説明

② 「固定資産」の科目毎に 償却方法を変更することができます。

※ 変更されるのは 既存の固定資産のみになります。新規購入する場合は「定額法・定率法」を選ぶことができます。

Category: 各種設定

選択している予算の「税率」を変更したい場合は、下記の操作を行います。

① 各モード を選択し 「設定」>「税率設定」 をクリックします。

② 「設定項目」で 変更する「税金の種類」を選択します。

③ 選択した税率や条件を変更して、ダッシュボードに戻ることで変更した内容を反映します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明
Category: 各種設定

選択している予算の「基本情報」を変更したい場合は、下記操作を行います。

1. 「設定」>「基本設定」をクリックします。

2. 計画立案時に必要な設定をこの画面で変更します。

① 業種を変更することができます。

② 製造経費の有無を設定することができます。

③ 科目パターンを選択することができます。

④ 消費税経理方式を変更することができます。

⑤ 償却方法を設定することができます。

⑥ 部門を損益計算書(PL)のみ設定するのか、損益計算書・貸借対照表(PLBS)に設定するのか、部門を作成しないのか選択することができます。

⑦ 演算時特殊仕訳欄で、外注加工費の相手貸方科目「未払金/買掛金」いずれか選択します。(初期設定は未払金)※製造経費を「なし」の場合、選択できません。

⑧ 加工費配賦の有無を選択します。

Category: 各種設定

Load More

最近追加された質問

選択している予算の「税率」を変更したい場合は、下記の操作を行います。

① 各モード を選択し 「設定」>「税率設定」 をクリックします。

② 「設定項目」で 変更する「税金の種類」を選択します。

③ 選択した税率や条件を変更して、ダッシュボードに戻ることで変更した内容を反映します。

グラフィカル ユーザー インターフェイス

自動的に生成された説明
Category: 各種設定

減価償却費の 償却方法(定額法・定率法)を変更したい場合は下記の操作を行います。

① 各モード を選択し 「設定」>「減価償却設定」 をクリックします。

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, テーブル

自動的に生成された説明

② 「固定資産」の科目毎に 償却方法を変更することができます。

※ 変更されるのは 既存の固定資産のみになります。新規購入する場合は「定額法・定率法」を選ぶことができます。

Category: 各種設定

計画期間の変更を行いたい場合は、下記の操作を行います。

① 「設定」>「基本設定」をクリックしてください。

② 計画立案時に必要な設定をこの画面で変更します。

「内、月次計画期間」にある「変更」ボタンをクリックします。

③ 条件を変更し「実行」ボタンをクリックして変更します。

「変更後開始期」:計画開始年度を変更する場合に変更します。

「から〇期間」:中期計画の立案期間を変更します。(1年~20年)

「内、月次計画期期間」:単年度計画の立案期間を変更します。(1年~3年)

「評価機関」:決算評価の評価期間

「計画データの移行処理を実行」:計画内容を1年スライドします。

(例:計画2年目の入力内容を計画1年目にスライドする)

Category: 各種設定

選択している予算の「基本情報」を変更したい場合は、下記操作を行います。

1. 「設定」>「基本設定」をクリックします。

2. 計画立案時に必要な設定をこの画面で変更します。

① 業種を変更することができます。

② 製造経費の有無を設定することができます。

③ 科目パターンを選択することができます。

④ 消費税経理方式を変更することができます。

⑤ 償却方法を設定することができます。

⑥ 部門を損益計算書(PL)のみ設定するのか、損益計算書・貸借対照表(PLBS)に設定するのか、部門を作成しないのか選択することができます。

⑦ 演算時特殊仕訳欄で、外注加工費の相手貸方科目「未払金/買掛金」いずれか選択します。(初期設定は未払金)※製造経費を「なし」の場合、選択できません。

⑧ 加工費配賦の有無を選択します。

Category: 各種設定

1年前、単年度計画を作成しており、その予算で登録した情報を年度更新しつつ、次年度の単年度計画を立案する方法をご案内します。

① 「予算シナリオ設定」ボタンをクリックします。

② 基準になる「昨年の単年度計画」の左側のチェックボックスにチェックをつけます。

③ 「複写」のアイコンをクリックします。

次年度の単年度計画予算が完成いたしました。

④ 設定>「基本設定」をクリックします。

⑤ 複写した「次年度の単年度計画」の予算を選択します。

⑥ 「変更」をクリックします。

⑦ 変更後開始期を変更前開始期の次の期(次年度の単年度計画の開始期)に変更します。

⑧ 「計画データの移行処理を実行」にチェックをつけます。

⑨ 「実行」をクリックします。

基準となる「昨年の単年度計画」予算に登録した売上分類設定を登録し直さずに、使用することができます。また、借入明細・設備明細も次年度に更新した状態で登録されるので、そのまま利用することが可能です。

Category: 各種設定

Load More